書類給付対象者の認定は、裁判所で救済の条件をクリアしているのかどうか、証拠を示さなければいけません。B型肝炎特別措置法による給付金の受け取りを望むのであれば、国に対して国家賠償請求訴訟を起こし、国と和解等しなければいけません。給付金の支払いを求めたい方の壁になるものとしては、裁判所に提出することになる書類の提出をあげることができます。病院や役所とのやりとりも必要となり、書類に記入漏れがあってもダメです。国家賠償請求訴訟を起こすには、訴状の提出も必要となります。和解後の給付金の受け取りのためにも、和解調書などの書類の提出をしなければいけないところが残っています。

なんだか面倒くさそう、やはり諦めたほうがいいのかと思う方もいらっしゃるでしょうが、弁護士に相談する手があります。給付金の支払い対象で受給が見込めるかどうかの判断してもらうための相談や、正式に請求のサポートを依頼すれば必要書類の収集や提出、和解協議、給付金の受け取りにいたるまで、トータルサポートを受けることが可能です。相談実績豊富、相談・着手・訴訟関連費用無料、成功報酬のみとする法律事務所や、全国や土日祝日対応可のところもあります。B型肝炎特別措置法の救済対象かもしれないと思った方は、まずは弁護士に相談してみることをおすすめします。

【関連リンク】B型肝炎相談 / 弁護士法人アディーレ法律事務所